無修正のわいせつ動画を制作し「カリビアンコム」で動画を公開していた映像会社社長ら逮捕

海外無修正業界ナンバーワンの「カリビアンコム」の動画を作っていた映像制作会社の社長含め6名が逮捕されました。

無修正サイトにわいせつ動画=容疑で映像会社社長ら逮捕-警視庁
2017/1/11 12:41

サイトに2000本超の動画 福岡県警「17人逮捕」発表

 無修正のわいせつ動画を制作しインターネットサイトで公開したとして、警視庁保安課などは11日までに、わいせつ電磁的記録等送信頒布容疑などで、東京都練馬区石神井町、映像制作会社「ピエロ」(同区)社長で台湾籍の陳美娟容疑者(67)ら6人を逮捕した。1人は容疑を認めているが、陳容疑者ら5人は否認しているという。

 同課によると、陳容疑者らは台湾や米国の企業と共謀し、無修正動画配信サイト「カリビアンコム」で動画を公開。2007~16年に計約13億7700万円を得ていたという。
 逮捕容疑は16年8月17日ごろ、男女の性交場面などが含まれた動画をサーバーコンピューターに保存し、「カリビアンコム」を通じて閲覧可能な状態にした疑い。

引用:時事通信

時事通信様、記事が引用になりませんでした。。。申し訳ありません。
ここまで簡潔に分かりやすく書かれてしまうと、全部必要でして。

このニュースが出てから、「カリビアンコム終了のお知らせ」とか、2chやまとめサイトなどで様々な記事が出てたので、これはちょっと書いておかないといけないかなと思い、私の考えを記載しておきます。

この映像制作会社自体は、カリビアンコム、と言うよりも、DTIグループのコンテンツを管理しているDreamroomさんの一下請け会社でしかありません。
なので、こちらの社長さんが逮捕されたとしても、カリビアンコムが閉鎖されると言うことはありません。

実際はDreamroom(米国)の下請け会社(台湾)の下請け会社(日本)ということなのだと思いますが、社長さんが台湾籍ですし、台湾と日本の会社はグループ会社なのでしょう。
ピエロさんの9年間の報酬額が14億円弱と言うことなので、完全にDreamroomの下請けの制作会社の一部でしかないことは間違いありません。

Dreamroomさんはアメリカに本拠地を置き、アメリカで活動されている会社なので、日本の法律は関係ありませんから法に問うことはできませんし、作品の供給がストップする訳でもないですね。

納品方法として、Dreamroomさんが準備した海外サーバーにアップロードする方法をとっていたのだと思いますが、わいせつ動画をサーバーにアップロードする行為は、それ自体がわいせつ電磁的記録等送信頒布にあたりますので、ここを突かれた訳ですね。
何故ばれたのかは分かりませんが、Dreamroomやカリビアンコムへの追及はできなくて、こちらのピエロさんで追及はストップでしょう。
しかしまあ、制作会社が一つ消えたとなると、他の制作会社への影響もあるでしょうし、作品の供給が減ることは確かです。

今は無きXVNさんは、全ての作品の制作も、ライブチャットも、日本から女優さんをオランダなどの無修正がOKな海外に呼んで行っていました。
Dreamroomさんがそこまでするのかは分かりませんが、日本国内で動画制作を受けてくれるところがなくなってしまうとせざるを得ないでしょう。
コストの問題になってしまうのですが、他のオリジナル動画を配信している無修正サイトはさらにきつくなって閉鎖するところもあるかもしれません。

他の制作会社にまで飛び火する可能性も含め、注視していきたいと思います。

※ちなみに、2016年8月17日にカリビアンコムが配信した作品はこちらです。
OLの尻に埋もれたい Vol.7(折原ほのか)